記事一覧

俺のモノ

頭から口だけ開いた、ストッキング性の全頭マスクを被せられる。その上から、ラバーの鼻だけ開いた全頭マスクを二重に被せられる。鼻呼吸しか許されなかった。しかも、ストッキングが鼻を擽って、うまく呼吸できない。スー。ハー。必死に酸素を吸う。すると、口の中に押し込められたバルーンが、シュコシュコと音を立てて、口いっぱいに広がっていく。顎が‥限界まで開いた。「必死に息を吸わないと死ぬぞ?」旦那様がどんな顔をし...

Read more

お見通し

最近、旦那様の「老い」を感じている。性欲が落ち着いているように思う。何気ない生活が流れていく中。私もそれを感じていたからか、前のような焦りもなくなっていった。老いていくものは仕方がない。それは誰のせいでもない。現に私も「とことん」なプレイがあってから、性欲は綺麗に治まっていた。静かな時間が流れていた2ヶ月だった。旦那様はSを降りてしまったのだろうか。何度かそう思ったけど。それも私の中で大事ではなくな...

Read more

とことん

飲み会から帰ってこられた旦那様は。今日も私を使われた。…正直よく覚えていない。69から始まり、いつもの奉仕のようなセックスに終わるだけかと思っていたが。徐々に旦那様のスイッチが入ってきたのか。加虐に拍車がかかっていった。何度も何度も逝かされて。もう終わりかなと思っても、追いかけてまた逝かされた。首を絞められ、頭が真っ白になっても。休むことは少しも許してはくれなかった。「もう…逝けません」何度もお願いし...

Read more

M友達の夜

先日、またM友達が遊びに来た。お酒も回り、珍しく私も酔っぱらいで。彼女と話をしていたら、エロの気分になる。「…ねぇ、縄痕が腕に付いてるよ」机の下で後ろ手に縛られて奉仕した痕が、二の腕にくっきりついていた。彼女に指摘されて、恥ずかしくなった。旦那様も何を思ってか。「覚えがないなぁ。誰に縛られてきた?」と、私をからかってくる。「な、何を言うんですか!?身に覚えがあるはずです」「無いよ。言えば?誰かに縛...

Read more

机の下

先日、旦那様は慰安旅行に行かれて。帰ってきたら、ドSな旦那様がそこにいた。深夜、眠りの深い頃。二夜続けて性処理に起こされた。性処理といっても、セックスではなく。フェラで旦那様を逝かせろと言うことだった。眠い頭を必死に覚ませ。私は布団に潜り口に含むが、上手く行かなくて。時間と共に焦ってくる。旦那様は正座している私の手をおもむろに取り上げると、私の手にローションを垂らした。「やれ」旦那様の言う通りにし...

Read more